結婚式の招待状.com TOP → 招待状を受け取ったら 心遣いを大切に

心遣いを大切に

結婚式の招待状の返信はがきを書くときは、ちょっとした心遣いを加えることで、新郎と新婦に対する祝福の気持ちを表現することができます。返信はがきに記入されている御出席、御欠席、御芳名などの「御」や「御芳」の文字については二重線か斜線で消すのは基本ですが、線で消す代わりに「寿」の文字を消す文字の上に書く方法があります。

これは主に年配者が使うことが多い書き方ですが、結婚というおめでたい場にふさわしく、さらに華やかな印象を加えることができます。結婚式を欠席する場合でもこの方法を使うと祝福の気持ちを表現することができます。

また、結婚式に出席する場合は「出席」の文字を丸で囲んだ後に、一言「慶んで(喜んで)」と添えて、一言お祝いの言葉を添えると良いでしょう。結婚式ではお祝い事に終止符はつけないという理由から、招待状に「、」や「。」といった句読点を使わないのが一般的です。お祝いのメッセージを書く際にもその点に気をつけるようにすると感心されるかもしれません。

逆に欠席される場合には欠席する理由とお詫びの言葉、さらにお祝いの言葉を添えるようにしましょう。欠席理由が仕事や妊娠による場合はそのまま伝えても大丈夫ですが、病気や忌事による理由の場合はなるべく濁して記入するようにしましょう。

お祝いの返信はがきは事務的返信だけではなんとなく寂しい感じがするものです。出席、欠席どちらの場合でも一言で構いませんので、結婚式への招待に対する感謝の気持ちとお祝いの気持ちを添えるようにすると、新郎新婦のおふたりに気持ちが伝わるでしょう。

招待状を受け取ったら

ヘキストラスチノン
ヘキストラスチノンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!