結婚式の招待状.com TOP → 招待状を受け取ったら 招待状の返信マナー

招待状の返信マナー

結婚は新郎と新婦にとって幸せと喜びに満ちあふれた新しい人生の門出です。その出発点となる結婚式への招待状が届いたら、心からのお祝いの気持ちを込めて返信はがきを送りたいものです。

しかし、正しい返信はがきの書き方については意外と知らないことが多いものです。そのためいつ結婚式にご招待されても大丈夫なように招待状の最低限の基本的なマナーについて覚えておきましょう。

返信はがきの基本マナーとして遅くとも1週間以内にはがきを返信しましょう。新しい人生の門出を祝福する気持ちは招待状の返信はがきの時点から始まっているのです。招待状を受け取って出席の場合は、同封されているはがきを記入して2〜3日中に出来るだけ早めに返信する方がよいでしょう。

返信はがきは黒色のインクを使用しましょう。正式には毛筆か万年筆で書くのがマナーですが、慣れないものを使って文字がぎこちなくなってしまうようであれば書き慣れたボールペンで書いても構いません。なるべく丁寧で綺麗な文字で書くよう心がけるとよいでしょう。返信はがきを書くうえではインクの色が重要になります。万年筆やボールペンのインクは必ず「黒」を使用して、間違っても不祝儀の色である「グレー」は使わないようにしてください。

はがきには「御出席」「御欠席」「御芳名」「御住所」と記載されていますが、その中の「御」や「御芳」は招待状を受け取る方に対する敬語になりますので、返信するときは二重線か斜線で消すのがマナーです。×印をつけたり、黒く塗りつぶしたりして消すのはマナー違反になりますので気をつけましょう。

招待状を受け取ったら

筆耕 弔辞
筆耕の弔辞なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!

リバティ ラミネート
http://item.rakuten.co.jp/auc-syugeiyasan/c/0000000120/

ベナンバックス
ベナンバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/
ポスター印刷