結婚式の招待状.com TOP → 招待状のマナー 招待状の送り方のマナー

招待状の送り方のマナー

結婚式の宛名書きの準備ができたら招待状送付の最終作業である発送を行います。結婚式の招待状はなるべく郵送するよりも手渡しでお願いするのが理想的ですが、遠方に住んでいる親せきや友人、またなかなか会う機会がない方には郵送しなければいけません。招待状を送る際にも様々なマナーがつきものです。ここでは招待状を送る時のマナーについてご紹介していきます。

基本的に招待状の発送時期は遅くても結婚式の1カ月前にすませるのが良いとされていますが、余裕をもって披露宴の2ヶ月前までに発送するのが理想的です。招待状の発送が遅れてしまうと招待客の都合がつかなくなってしまう場合もありますので余裕を持って発送できるように準備しておく必要があります。発送が遅くなってしまう場合は事前に結婚式の都合を電話などで確認しておくようにしましょう。

ご媒酌人や主賓の招待客、また会社の上司や同僚などには招待状を送るのではなくなるべく直接手渡しするようにしましょう。招待状を発送する前には最終チェックを念入りに行い間違えや不備がないよう、また招待客に対して失礼のないように万全な状態で発送しましょう。

結婚し式の招待状を発送する日は、大安か友引の日を選びましょう。これは消印が大安か友引になるようにすることが目的ですので、ポストへ投函したりせずなるべく郵便局の受付でお願いするようにしましょう。また雨の日に発送することになると招待状の封筒が汚れてしまう可能性もありますので、その点においてもなるべく郵便局へ直接持って行くのが良いでしょう。

招待状のマナー

ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!

ディレグラ
ディレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.dgachn.org/
レンタカー 鹿児島空港ならこちら