結婚式の招待状.com TOP → 招待状のマナー 招待状の宛名書きのマナー

招待状の宛名書きのマナー

結婚式の招待状の準備ができたらその招待状を送る準備をしなければいけません。親しい方や目上の方には招待状を手渡しする方が良いのですが、大部分は郵送で送ることになりますのでマナーをしっかりと配慮した宛名書きが必要になります。ここでは封筒に記載する宛名に関するマナーについて説明していきます。

まず最初に招待状の宛名書きのマナーとしては、毛筆で手書きするのが理想的です。慣れない毛筆や自分の字に自信がないという方は筆耕業者が代筆してくれますので頼んでみると良いでしょう。招待状のデザインによって宛名が縦書きだったり横書きだったりと違いが生じるものですが、宛名と差出人はどちらも縦書きか横書きで文字の並べ方を揃えるのが基本です。

宛名を連名にする場合は、3名まで封筒に名前を記入することができますが、すべての名前に対してきちんと「様」をつけましょう。また「様」の位置は名前の字数でばらついてしまわないように上下を同じ位置で合わせるようにしましょう。

連名で4名以上になる場合は、ご夫婦や代表の名前だけを記入して、招待状の本文に「ご家族皆様でお越しください」と記入すると良いでしょう。また封筒にご主人のお名前とご家族様と記入しても構いません。お子様の名前には敬称として「ちゃん」や「くん」を使いましょう。

ご夫婦でご招待する場合の基本は連名ですが、ご主人の姓名を記入した隣にはご婦人の名前を記入するか「令夫人」と記入します。また、招待状を直接お会いして手渡しする場合は、住所を記入する必要はなく名前だけを書きます。

招待状のマナー

ナースサンダル 黒
黒のナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

中古iphone携帯買取東京
http://mobileone.co.jp/