結婚式の招待状.com TOP → 招待状のマナー 招待状の書き方のマナー

招待状の書き方のマナー

結婚式の招待状は親族の方や会社関係の方、親しい友人に対して結婚の報告をするという意味でとても大切なものです。結婚の報告や挙式と披露宴の日取り、各種の依頼など相手に伝えるべきことを明確に書いてゲストをお招きしましょう。

招待状の文例や書き方についてはすでに説明しましたが、招待状を作る上でもお祝いごととして最低限守って頂きたいマナーがあります。これからご紹介するマナーに気をつけて、招待する本人たちも招待されるゲスト側も気持ち良く結婚式に出席できるように招待状を作っていきたいものです。

通常、お祝い事ではその状態がいつまでも続くようにという意味をこめて終止符を打たないという決まりがあります。そのため結婚式の招待状では「、」や「。」といった句読点を使ってはいけないことになっています。また決まり事として段落の行頭も空けてはいけないことになっています。また、結婚式の招待状本文ではなく、別紙に会場の案内や時間などを記載する時は読み間違いを防ぐために句読点を使用しても良いとされています。

結婚式の招待状の文面には忌み言葉(いみことば)を使ってはいけないことになっています。これは招待状に限らず結婚式の祝辞などにも言えることです。忌み言葉とその場面によって口にすると良くない連想をさせる言葉のことです。結婚式では離婚、受験では落第をイメージさせる言葉のことです。

結婚式で使ってはいけない忌み言葉は、切れる、去る、枯れる、別れる、離れる、戻る、帰る、終わる、流れる、壊れるなどのように別れを連想させるものです。さらに繰り返しを連想させる重ね重ね、再び、度々という言葉も使ってはいけません。

招待状のマナー

http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/


ナースシューズ アシックス
ナースシューズのアシックスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!