結婚式の招待状.com TOP → 招待状のマナー 招待客リストのマナー

招待客リストのマナー

招待客のリストアップは招待状を作るうえではとても重要な仕事であり、とても頭を悩ませるものですが、招待客をリストアップする際にもマナーがあることを覚えておきましょう。ここでは招待客をリストアップする上で最低限守りたいマナーについて説明していきます。

?招待客はバランス良く
招待客の人数が新郎側と新婦側でどちらかに偏ってしまうのはよくありません。新郎、新婦それぞれの人数の比率はどちらも同じくらいの人数にするか、6対4くらいの割合が理想的です。しかし地域や考え方によっても違いますので新郎新婦、両家できちんと話し合って決めましょう。

?式場や披露宴会場の広さを考えて
一生に一度の結婚式ですからなるべくたくさんの方を招待して祝福してもらいたい気持ちは分かりますが、会場の広さや予算を考慮して人数を調整しましょう。挙式に招待する人数はチャペルなど挙式会場の収容人数を事前に確認しておきましょう。

?主賓や目上の方への対応
招待客の中でも主賓となる方や会社の上司、親せきなど目上の方についてはなるべく早めにリストアップし、招待状を送る前に必ず連絡をして報告するのがマナーです。

?最終確認
結婚するのは新郎新婦本人ですが、招待客のリストアップについては必ず両家のご両親に最終確認してもらう必要があります。親戚関係については本人たちだけでは決めかねる部分が多いのでしっかりと確認しましょう。

?内輪だけの結婚式の場合
会社関係者を招待せず親族や親しい友人だけでごく内輪の結婚式を挙げる時は、事前に内輪だけの結婚式であることを会社の上司や同僚に伝えておきましょう。

招待状のマナー

鹿児島空港 レンタカー
http://www.dgachn.org/

スクラブ 医師
スクラブの医師なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ドネペジル
ドネペジルなら医療関係者向けの製品情報サイトで!