結婚式の招待状.com TOP → 招待状の文例 付箋の文例(挙式参列の依頼)

付箋の文例(挙式参列の依頼)

付箋とは、挙式参列のお願いや受付係、スピーチ、余興などの依頼をする時に使う小さなカードのことです。付箋はお願いしたいお客様に対する招待状だけに同封するもので、招待状とは別にはがきの半分程度のサイズの紙に簡潔に依頼内容を記述していきます。

付箋用の用紙は結婚式場や業者に依頼する場合は用紙を用意してもらえますが、自分で作成される場合は付箋用のペーパーアイテムの種類が少ないこともあるようです。思うようなデザインのものが見つからない時は名刺サイズの用紙に心のこもったメッセージとともに依頼文を印刷するとよいでしょう。また付箋の専用の用紙は文房具屋などでも販売されていますので利用してみてください。ここでは挙式参列を依頼する時の付箋の文例についてご紹介していきます。

追伸
お忙しいところ誠に恐縮でございますが
挙式にもご参列賜りたくお願い申し上げます
時間  午前○時
挙式開始 ○時〇分

追伸
結婚式は当日○○時より挙行致しますので
お忙しいところ誠に恐縮でございますが15分前までに
ロビーまでお越しくださいますようお願い申し上げます

追伸
挙式の前に親族の紹介を予定しております
お忙しいところ誠に恐縮でございますが 挙式の1時間前までに
○階○○の間までお越しくださいますようお願い申し上げます

結婚式の招待状に同封する付箋は、追伸カードとも呼ばれるように「追伸」とういう書き出しで始まります。付箋は人によって2枚3枚と同封されることもあるようです。

招待状の文例

コンプラビン
コンプラビンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ヘッダー付き袋印刷OPPテープ付き袋 規格袋
http://www.sideseal.jp/

ノベルティ
ノベルティ景品など