結婚式の招待状.com TOP → 招待状の文例 差出人が両親の場合

差出人が両親の場合

結婚式の招待状を作成するのは文面だけでもなかなか悩んでしまうことが多いものです。友人や親しい方だけを招待して行う披露宴であれば自分らしい文章で招待状を作っても問題ないのですが、目上の方や上司などうぃ招待するならばきちんとした文面で作りたいものです。

結婚式の招待状は差出人の名義が新郎新婦の名前にするか、ご両親の名前にするか、また媒酌人がいらっしゃるかどうかや結婚式のスタイル等によって多少異なってきます。ここでは差出人の名義をご両親にする場合の招待状の文例についてご紹介していきます。

・基本的な挨拶文
謹啓 初春の候
皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます
さて このたび
○○○○(新郎父) 長男 ○○(新郎)
○○○○(新婦父) 長女 ○○(新婦)
との婚約が相整いまして結婚式を挙げることになりました
つきましては 末永くご懇情をいただきたく
ささやかではございますが披露宴を催したいと存じます
ご多用中まことに恐縮でございますが ご出席賜りますようご案内申し上げます
敬具

日時 平成○年○月吉日
場所 ○○ホテル ○○の間

平成○年○月吉日
○○(新郎の父)
                ○○(新婦の父)
誠にお手数ではございますが 同封の葉書にて○月○日までに
ご出席の有無をお知らせくださいますようお願い申し上げます。

ご媒酌人がいらっしゃる場合は、「このたび」の後に「○○様ご夫妻のご媒酌により結婚式を挙げることになりました」と媒酌人の名前を付け加えます。

招待状の文例

スルガム
スルガムなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://richidad-office.com/sonota/sonota.html
金持ち父さん貧乏父さんのコンテンツ