結婚式の招待状.com TOP → 招待状の文例 差出人が本人の場合

差出人が本人の場合

結婚式の招待状は差出人の名義が新郎新婦の名前にするか、ご両親の名前にするか、また媒酌人がいらっしゃるかどうかや結婚式のスタイル等によって多少異なってきます。ここでは差出人の名義を新郎新婦の名前にする場合の招待状の文例についてご紹介していきます。

・基本的な挨拶文
謹啓 初春の候 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます
このたび私たちは結婚式を挙げることになりました
つきましては 末永くご懇情をいただきたく
ささやかではございますが披露宴を催したいと存じます
ご多用中まことに恐縮でございますが ご出席賜りますようご案内申し上げます
敬具

日時 平成○年○月吉日
場所 ○○ホテル ○○の間

平成○年○月吉日
○○(新郎の氏名)
                ○○(新婦の氏名)
誠にお手数ではございますが 同封の葉書にて○月○日までに
ご出席の有無をお知らせくださいますようお願い申し上げます。

ご媒酌人がいらっしゃる場合は、「このたび私たちは」の後に「○○様ご夫妻のご媒酌により結婚式を挙げることになりました」と媒酌人の名前を付け加えます。

・人前式の挨拶文
謹啓 初春の候
皆様にはお健やかにお過しのこととお慶び申し上げます
このたび 私たちは結婚式を挙げることになりました
これからも末永くご指導賜ります皆様に
私たちの新たなる出発の証人になっていただきたく
人前にて結婚式を行いたいと思います
どうぞ私たちの思いをご理解いただき証人として
結婚式にご列席賜りますようお願い申し上げます
なお 挙式の後 ささやかではございますが披露宴を催したいと存じます
お忙しいところ 大変恐縮ではございますが
ぜひご出席くださいますようお願い申し上げます
敬具

招待状の文例

カーテン インテリア
モンルーペジャパン