結婚式の招待状.com TOP → 結婚式の招待状について 招待状の宛名書き

招待状の宛名書き

結婚式の招待状を用意して、一緒に同封するものを揃えたらいよいよ発送前の最後の作業である封筒の宛名書きを行います。ただ宛名を書けばいいのではなく結婚式の招待状では宛名書きひとつとってもたくさんのルールが存在します。正しいマナーを守って一生に一度の晴れ舞台である結婚式へゲストをご招待しましょう。

結婚式の招待状に宛名を書く時は毛筆や筆ペンを使用するのが良いとされています。自筆で書くのに自信がない方は筆耕業者へ頼むという方法もあります。封書の宛名は毛筆か筆ペンで書くのが正式なのですが、裏面に書く差出人は印刷するのが一般的なようです。

また、招待状のデザインによって宛名と差出人を縦書きと横書きどちらにするか、また文字の並べ方についても異なってきます。ただし宛名が縦書きの時は差出人も縦書きになり、宛名が横書きの時は差出人も横書きになります。

切手の貼り方は横書きにする場合は右上に貼り、縦書きにする場合は左上に貼りましょう。結婚式の招待状に貼る切手は、結婚や出産など喜びや祝い事用の「寿切手」「慶事用切手」と呼ばれるものを使用します。郵便局で購入できますが切手は郵便物の重さで値段が変わりますので、招待状の重さを計ってから購入しましょう。ちなみに返信ハガキには50円の寿切手を貼ります。

宛名書きの基本は毛筆ですが、最近ではチャペルでの教会挙式やレストランウェディングなどカジュアル挙式も一般的で宛名の毛筆書きがマッチしないことも多いため、招待状をペン書きしたり印刷したりすることも増えてきているようです。そのため挙式スタイルによって宛名書きをするのも良いでしょう。

結婚式の招待状について

ペット火葬 昭島 立川 あきる野
について