結婚式の招待状.com TOP → 結婚式の招待状について 招待状に同封するもの

招待状に同封するもの

結婚式の招待状を出す時は本状だけでなくいくつか同封しなければならないものがあります。一般的に招待状に同封するものとして招待状の本状、切手を貼付してある返信用ハガキ、会場案内図、付箋があります。

会場案内図についてはあらかじめ結婚式の会場で用意してくれるのが普通ですが、ない場合には作成しておく必要があります。付箋は挙式に参列してもらいたい方やスピーチや乾杯の音頭を依頼する方、受付係を依頼する方の招待状だけに同封します。また必要に応じて2次会の案内状を同封する場合もあります。

結婚式の招待状に同封するもの
?招待状本状(結婚式の日時、披露宴開始時間、返信期限などが記載されています)
?返信ハガキ(受取人の住所と氏名が記載されていて切手も貼付済みのもの)
?会場案内図(結婚式の会場からあらかじめ頂いておく)
?挙式案内状(挙式に参列して頂きたい方へ同封する)
?依頼用の付箋(スピーチや乾杯、余興、受付係をお願いする方だけに同封する)
?その他2次会の案内状など(必要に応じて同封する)

付箋とは、挙式参列についてのお願いや披露宴での祝辞、乾杯のスピーチ、受付係などをお願いする時に使用する小さなカードのことです。付箋はそれぞれ依頼する方の招待状だけに同封するものですが、いきなり招待状だけで依頼するのは失礼なので事前に電話をしあり直接お会いしてお願いしておきましょう。

結婚式は一生に一度の晴れの舞台ですので、招待状を送る時は間違いや同封し忘れることがないようにしっかりと確認しておきましょう。

結婚式の招待状について

介護のベッド
http://www.rakuten.co.jp/auc-okasei/

オーダーカーテン 東京
http://www.monreve-japan.jp/