結婚式の招待状.com TOP → 結婚式の招待状について 招待状の差出人について

招待状の差出人について

招待状を作成する時に迷ってしまうのが差出人の名義についてではないでしょうか。招待状ではよく親の名前が記載されているのを見かけることがありますが、結婚式を行うのは自分たちです。招待状の名義は親にすべき?それとも本人?いったい差出人を誰にするのが良いのでしょう。

正確に言うと招待状の差出人にきちんとした決まり事はありません。しかし昔から結婚式には親せきや会社の上司など目上の方をご招待することが多いため、なるべく失礼の無いように招待状には両家の父親か母親の名前を記載して出すことが多いようです。

特に親戚へ贈る招待状では結婚される本人の名前にあまり馴染みが無く親の名前でないと分かりにくい場合もあります。また、会社の上司宛の招待状としても親の名前が記載されている方がよりフォーマルな印象となります。

しかし最近は、親しい方だけをご招待して一から手作りしてオリジナルの結婚式を行うカップルも増えてきています。あまりかしこまった会場でなく、レストランウェディングや平服指定のカジュアルウェディングの場合には本人の名義で招待状を作成しても問題はないようです。

また、結婚するのは自分たちなので結婚式の招待状も本人の名前で出したいと考えているカップルも多くなってきています。このような場合は両家できちんと話し合ってどうするか決めることも必要ですが、友人や同僚用の本人の名前の招待状と親戚や上司用の親名義の招待状といったように2種類の招待状を作成する方法もあります。

結婚式の招待状について